エクセル関数を使って出勤簿を作ってみよう

次は出勤簿を作成してみましょう。
使用するエクセル関数はこれです。

  • COUNTIF(ある値が条件と一致するセルをカウントする)
  • IF(ある値が条件と一致するかを判定する)
  • OR(引数の中のひとつでも正があれば正を返す)
  • TIMEVALUE(時刻文字列のあらわす時刻をシリアル値で返す)
出勤簿サンプル
オレンジ色の部分がエクセル関数を使用している箇所です。ふきだしに赤字で実際の計算式を記述しています。

<関数の説明>
K5[出勤日数]セルCOUNTIF関数を使用して、曜日列が平日のみカウントし、祝日数と他休日数と引いて、実際の出勤日数を表示しています。
E7以降の[実働時間]セルではIF関数OR関数とTIMEVALUE関数を使用しています。

まず、IF関数でD列の値を判定し、「:」もしくは空白である場合は「:」を表示します。
<「:」もしくは空白>という判定にOR関数を使用しています。
そうでなければTIMEVALUE関数を使用して、「退社時間−出社時間」から昼休みの1時間を引いてた時間を表示しています。

エクセル関数を使って家計簿エクセル関数を使って年齢計算